中川幼稚園日記

Weblog

カテゴリー

アーカイブ

2017年6月

         
           
先生の想い, たんぽぽ組

たんぽぽ組の様子

毎日元気いっぱいでにぎやかなたんぽぽ組のお友だち。バスから降りると年少のお友だちをお部屋まで手を繋いで送って行ってあげたり、朝の準備をお手伝いしたりする子がたくさんいます。クラスにも慣れ「○○ちゃん、今日一緒にあそぼう!」「今日は何して遊ぶ?」とお友だちを誘い合いながら鬼ごっこやサッカー、縄跳びなどで関わりを楽しんでいます。
また、年少さんに優しく声をかけて一緒に砂場遊びや虫探しをする子もいます。男の子は図鑑を部屋から持ち出し虫探し、女の子はお花摘みをし、シロツメクサで指輪を作る姿も見られます。
5月に入ると遊戯会に向けて旗と鼓笛の練習が始まりました。遊戯は難しい隊形に苦労しつつも、諦めずに何度も練習するたんぽぽ組さん。旗を使い始めるともっと練習したい!とアンコールが止まらず、毎日練習に励んでいます。そんなやる気は鼓笛でも変わらず、それぞれの楽器がしっかりと自分のパートを声に出し覚え、真剣に取り組んでいます。外に出て移動の練習が始まると、重い楽器を持ちながらもかっこいいところを見せたい!とやる気は高まります。当日に最高の演技、演奏ができるよう楽しんで練習を進めていこうと思います。
先日、サツマイモの苗植えとヒマワリの種まきを行いました。野菜やお花が元気に大きく育つように、ジョウロや看板、飾り作りも行いました。「ヒマワリの芽でたかな?」とプランターを気にする子、土の色を見て「喉渇いてるね、お水あげなきゃね」とジョウロを持ち出しお水を積極的にあげています。
これから野菜たちの成長を一緒に見守りつつ、子どもたちと毎日楽しく過ごしていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, れんげ組

れんげ組の様子

いよいよ年長に進級し、中川幼稚園の最高学年になりました。自分の名前とクラスをドキドキしながら見つけた始業式、「僕、私れんげ組が良かったんだ!」と話してくれた子や仲の良い友だちと同じクラスを喜ぶ子どもたちに、私自身れんげ組の子どもたちと新たに新年度を迎えられた喜びを感じました。入園当初泣いている年少さんに「すぐお母さんに会えるよ。」「大丈夫だよ。」と優しく声を掛け手を繋いでいたり、身支度の手伝いを進んで行うたくましいお兄さんお姉さんの姿がたくさん見られました。クラスにもすぐに打ち解け、みんなで毎日楽しく過ごしています。
年長になり、製作や描画の名前も自分たちで下書き清書をし、見本を見ながら丁寧に取り組んでいます。れんげ組の子どもたちは体を動かすことが好きで、毎週金曜日の菅原先生による体操の時間をとても楽しみにしています。ペアを作って体操をしたりマット運動をしたり、最近では跳び箱も始まりました。クラスでは「これっキリンだゾウ」という体操が流行っています。4月の末には遊戯会練習が始まりました。毎日園庭や教室でフラッグを使って遊戯の練習をして、給食後に鼓笛練習をしており、忙しくもありますが「楽しいね!」「最後までやりたい!!」「6月まで待てないから5月に遊戯会やりたい!」と元気良くパワフルに活動しています。なかには、給食を早く食べ終わった子どもたちで声を掛け合いCDに合わせて踊ったり、ピアニカの練習をしたりリズムを歌ったりする姿があり、とても練習熱心です。本番まで残すところ2週間となりました。一人ひとりが楽しんで、れんげ組、年長全員で一致団結して本番を迎えられるように頑張って参ります!

         
2 / 212