中川幼稚園日記

Weblog

カテゴリー

アーカイブ

         
           
先生の想い, ぶどう組

ぶどう組の様子

入園してから2ヶ月が経ちました。初めは、お母さんと離れるのが寂しくて、泣いて登園していた子も、今では元気に登園しています。朝の身支度では、先生に言われなくても自分で出来るようになり、困っている子がいれば、優しく教えてあげる姿も見られるようになりました。友達の名前も覚え「○○くん、おはよう」「○○ちゃん、おはよう。一緒に遊ぼう」と声を掛け合う姿も見られ、笑顔もたくさん増えました。
5月からは、体操服の着替えがスタートしました。初めは、「できない。やって~」と言いに来る子もたくさんいたのですが、最近では、自分でやろうとする姿が見られるようになり、頑張っています。
お手伝いが大好きなぶどう組さん。机拭きも「僕がやる!」「私もやりたい!」と雑巾の取り合いになるくらい、やる気満々で手伝ってくれます。
絵本も大好きで、「うずらちゃんのかくれんぼ」が人気です。話の中に出てくる「もういいかい」「まぁだだよ」を声に出して言うことで、自分も一緒にかくれんぼをしている気分になり、楽しみながら見ています。
今、ぶどう組では、虫とりにはまっています。天気の良い日は、ゼリーカップと虫の図鑑を持って園庭を探し回っています。部屋の中はいつも虫のカップでいっぱいです。給食ではご飯が好きな子が多く、おかずの進みが悪かったのですが、この2ヶ月の間で完食する子がいたり、ほとんど食べれなかった子も、食べる量が少しずつ増えて頑張っています。
現在は、遊戯会に向けて練習しています。踊りが大好きなので元気いっぱいにこにこで踊っています。そんな様子が遊戯会当日も見せれたらいいなと思っています。これからも、いろいろな事に挑戦して1年間楽しく園生活が送れるようにしていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, いちご組

いちご組の様子

入園してから、初めての集団生活にも少し慣れた様子のいちご組さん!大好きなお母さんと離れるのが寂しくて泣いていた子たちも、今では「先生おはよう」と元気いっぱいに挨拶をしたり、「明日も来るからね♪」と明日の幼稚園も楽しみに来る姿が見られるようになりました。新しいお友達もたくさんできて、一緒に遊具で遊んだり、お休みの子がいると、「明日来たら、大丈夫?って聞くね」とお友達を心配したりする子もいます。
幼稚園のみんなで行うこと全てが初めてのことばかりなので、お手伝いもとっても楽しいようで、お弁当を配ったり、机を拭いたりなど楽しみながらお手伝いをしています。
お手伝いのほかにも、初めてのお絵かきや、製作などにも楽しんで取り組んでいます。クレパスを使って、好きな絵やお母さんの顔を描いたり、こいのぼりを折り紙で折って貼り付けたりと、一つ一つ一生懸命取り組む姿が見られます。
6月に行われるお遊戯会に向け、自分の場所を頑張って覚えたり、楽しみながら踊りを踊ったりと、ニコニコのいちご組。「先生も頑張るぞ」と言うと、「負けないぞ!」とさらにやる気が出てくる子もおり、今から本番がとっても楽しみです。
最近いちご組では、「落ちた落ちたゲーム」が流行っており、「りんご」というと、手でりんごが床に落ちないように拾って食べ真似したり、「かみなり」というと、かみなりさまがおへそを取らないように一生懸命隠したりする姿がとても可愛らしいです。
子供たちにとって初めてのことばかりですが、1年間幼稚園生活が楽しいものになるように一緒に楽しみながら、過ごしていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, うさぎ組

うさぎ組の様子

年中となり、まもなく2ヶ月が経とうとしています。進級当初、初めてのクラス替えに緊張している子も多く見られましたが今では新しいお友達もでき「一緒に絵本読もう」「虫探険しよう」と誘い合って遊ぶ姿がたくさん見られます。
元気いっぱいなうさぎ組さんは、お当番活動もみんな楽しみにし、毎日お手伝いも頑張っています。お当番の順番が回ってくると「やった!今日お当番だ!」と嬉しそうな声も聞こえてきます。給食を運ぶ当番では最初は29人分のお弁当はとても重たく、「重たいよう…」という子も沢山いましたが気が付くと「あともう少しだよ!頑張ろう!」と友達と励ましあったり、「お皿運び終わったから手伝ってくる」と自ら友達のお手伝いをする優しい姿もたくさん見られるようになってきました。
年中になり1つ大きくなったうさぎ組のみんなは年少さんを教室に連れて行ってあげたり、帰りの会のお手本をするなど日々お兄さんやお姉さんとしての成長も見られます。
そんなうさぎ組さんは絵本もとても大好きです。最近では自分のお気に入りの絵本をリクエストする姿も多く見られます。中でも人気は「しんごうきピコリ」や「すべりだい」や「寿限無」です。これからも色々な絵本の世界に触れていきたいと思います。
そして現在うさぎ組では遊戯会に向けて「ドラえもん」の曲でお遊戯の練習を頑張っています。「この曲知ってるよ!映画見た」と最初からノリノリの子どもたち。年長さんが旗で踊る姿を見て以来「すごい。かっこいい」と憧れを持ち今まで以上に手をピンピンに伸ばし元気いっぱい踊る姿が見られるようになりました。うさぎ組として初めての晴れ舞台である遊戯会当日が素敵な笑顔であふれるようにこれからも子どもたちと力を合わせ頑張っていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, ぺんぎん組

ぺんぎん組の様子

新しいクラスになって約2か月が経ちました。始業式で不安そうにしていた子も今ではクラスに慣れ、新しいお友達と毎日楽しく遊んで過ごしています。自分から遊びに誘うことが難しかった子も年中になって、「一緒にあそぼー!」と自分から誘う姿が見られます。
そんなぺんぎん組の子どもたちは今、虫やお花にとても興味津々です。朝の戸外遊びでは虫や花の図鑑を持って虫探しをしたり、お花を摘んで遊んでいます。「どういう名前の虫かな?」と問い掛けると、図鑑を見て「これだよ!」、「これじゃない?」と言う子どもの様子が見られます。また、テラスやお部屋に虫がいると必ず「虫がいるよ!」と教えてくれます。
年中になるとお当番は給食を給食室まで取りに行きます。お当番の子どもたちは「重いよー!」「もっと力入れないと落としちゃうよ!」と言いながら力を合わせて、毎日お部屋まで頑張って運んでいます。
4月終わり頃から遊戯会の練習が始まり、子どもたちは毎日練習に励んでいます。ポンポンを持って踊るよと声を掛けると、「やったー!」「早く踊りたい!」と子どもたちは大喜び。中には「お給食食べたらまた踊る?」と聞いてくる子も。
年長のお兄さん、お姉さんの遊戯練習を見たぺんぎん組の子どもたちは、「かっこよかった」「わたしもあんな風にかっこよく踊りたい!」「ぺんぎん組もかっこいいって思われたい!」と自分が感じたことを話してくれました。そして年長さんのかっこいい踊り方に一歩でも近づけるよう日々練習に取り組んでいます。
子どもたちが様々なことに自分から挑戦し、色々な経験ができるよう1年間頑張っていきたいと思います。

         
20 / 33« 先頭...10...1819202122...30...最後 »