中川幼稚園日記

Weblog

カテゴリー

アーカイブ

ぺんぎん組カテゴリー記事の一覧です

         
           
先生の想い, ぺんぎん組

ぺんぎん組の様子

新しいクラスになって約2か月が経ちました。始業式で不安そうにしていた子も今ではクラスに慣れ、新しいお友達と毎日楽しく遊んで過ごしています。自分から遊びに誘うことが難しかった子も年中になって、「一緒にあそぼー!」と自分から誘う姿が見られます。
そんなぺんぎん組の子どもたちは今、虫やお花にとても興味津々です。朝の戸外遊びでは虫や花の図鑑を持って虫探しをしたり、お花を摘んで遊んでいます。「どういう名前の虫かな?」と問い掛けると、図鑑を見て「これだよ!」、「これじゃない?」と言う子どもの様子が見られます。また、テラスやお部屋に虫がいると必ず「虫がいるよ!」と教えてくれます。
年中になるとお当番は給食を給食室まで取りに行きます。お当番の子どもたちは「重いよー!」「もっと力入れないと落としちゃうよ!」と言いながら力を合わせて、毎日お部屋まで頑張って運んでいます。
4月終わり頃から遊戯会の練習が始まり、子どもたちは毎日練習に励んでいます。ポンポンを持って踊るよと声を掛けると、「やったー!」「早く踊りたい!」と子どもたちは大喜び。中には「お給食食べたらまた踊る?」と聞いてくる子も。
年長のお兄さん、お姉さんの遊戯練習を見たぺんぎん組の子どもたちは、「かっこよかった」「わたしもあんな風にかっこよく踊りたい!」「ぺんぎん組もかっこいいって思われたい!」と自分が感じたことを話してくれました。そして年長さんのかっこいい踊り方に一歩でも近づけるよう日々練習に取り組んでいます。
子どもたちが様々なことに自分から挑戦し、色々な経験ができるよう1年間頑張っていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, ぺんぎん組

ぺんぎん組の様子

ぺんぎん組での生活も早いことで半年が過ぎました。前回の「ぺんぎん組の様子」から、子どもたちの成長した姿もたくさん見ることが出来ました。そんなぺんぎん組さんが今、一番頑張っていることは、お給食です!1学期の個人懇談での保護者の方から一番多かった「だらだら食べ」の悩みや「好き嫌い」の悩みを受け、ぺんぎん組では、「ぴかぴか計画」を始めました!頑張ると決めた量を食べ切ったり、完食することが出来たらシールを貼るという活動です。初めは、シールを貼りたい!という気持ちで頑張っていた子どもたちが、今では「食べられるようになった!」と達成感を少しずつ感じ、自信に繋げています。お友達が苦手なお野菜を食べることが出来た日には、クラス全員で喜び、自らお友達に「すごいね!」「頑張ったね!」と言葉を掛ける姿もあります。初めに比べてかなり、食べられる量が増えた子どもたち。お家での様子はいかがでしょうか?会話のきっかけにしながら、シールを貼れた日には目一杯褒めてあげてくださいね!
 最近のぺんぎん組さんの遊びのブームは、「おみせやさんごっこ」と「おままごと」です。ブロックを上手く組み合わせてキャンディーやさんやドーナッツやさんが子どもたちによって出店されています。おままごとをしているお友達が、「ドーナッツひとつくださーい!」と買い物に出掛ける場面や、「キャンディーいかがですか?」とお店屋さんが出前にいく場面もあり、毎日和気藹々と遊んでいます。行事も盛りだくさんの2学期で、子どもたちが成長できるように引き続き援助していきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, ぺんぎん組

ぺんぎん組の様子

初めてのクラス替えから凡そ2ヶ月が経ちました。新しいお友達や新しい先生に、ドキドキしながら登園していた子どもたちも、今では元気一杯に「おはよー!」と登園しては朝ごはんは何を食べてきたのか、どんなテレビを見たのかで盛り上がっています。出来ることもたくさん増えて、年少さんのお世話も出来るようになってきました。泣いている子がいれば「お母さんに会いたくなっちゃったの?」と声をかけ、バスに乗る時間になれば「まだ遊びたいの?明日も遊べるから今日は帰ろう?」と優しく手を引く姿も多く見られます。
そんなぺんぎんぐみの皆が夢中になっていることが2つあります。1つは、先日ブログでも紹介されたみんなで植えたトマトやきゅうりの様子。「今日も水遣りやる?」「太陽が元気一杯だから大きくなってるかな」と毎日子ども達の口からは、トマトやきゅうりの話ばかり。戸外遊びの時間に様子を見ては「これぐらいおおきくなってたよ!」と報告してくれます。2つ目は、お遊戯会の練習です。他クラスの練習を見ては「今のペンギンさんは、行進が元気ないよね」「手がピンピンでかっこいいな~」と自分たちが上手になるためにはどうしたらいいのかを一生懸命見ています。また練習が終わると、一人一人が先生のところへきて、
「かっこよかった?」「今日はどうだった?上手だった?」と訊ね、毎日頑張って練習しています。
 今まで以上に日々成長していくぺんぎんぐみの子ども達が、「楽しそう!」「やってみたい!」と自分から意欲を持って何事にも挑戦することができるように、1年間私も頑張りたいと思います。

         
1 / 11