中川幼稚園日記

Weblog

カテゴリー

アーカイブ

たんぽぽ組カテゴリー記事の一覧です

         
           
先生の想い, たんぽぽ組

たんぽぽ組の様子

 進級して3か月が経とうとしています。初めは緊張した様子も多かったたんぽぽ組の子どもたちでしたが、すっかりクラスにも慣れ新しいお友だちと外で虫探しや雲梯、鬼ごっこや縄跳びをして遊んだり、「給食一緒に食べよう!」「お休みの日に○○に行ってきたんだよ!」「今日同じ髪型だね!」と会話を楽しんだり笑顔も増えてきました。

 年長らしさも出ており、年少さんと手を繋ぎ部屋まで送り迎えをしたり、外遊びでも優しく声を掛けてボールを取ってあげたり、砂場のおもちゃを貸してあげたりしています。

お手伝いを積極的にやってくれる子も多く、「先生なにか手伝うことある?」「これできるよ!やるよ!」とたくさん助けてくれています。

 今年度から新しく始まった絵画遊びでは絵の具を使う機会が増えました。はじき絵やにじみ絵、ビー玉転がしなどさまざまな技法を使っています。好きな色を選んでできたり、自由にできたりすることが子どもたちにとっては嬉しいようで「まだまだやるー!」「もっとやりたい!」と終わろうとしない子もいます。

 最近はお泊まり会に向けてグループ決めやお祭りごっこの製作など話し合いを重ね楽しんでいます。なかよしなお友だちとやる夏祭りやパンケーキ作りでより期待を膨らませている子も多いです。屋台の商品作りはりす組を使い2クラス合同で行いました。「絵の具で塗るといい感じにできた!」「キラキラにしたらみんな買ってくれそう!」とさまざまな材料を使って製作を楽しんでいましたよ。おうちでもぜひお話を聞いてみてくださいね。

子どもたちが活動や行事を盛り上げ、作り上げていくことで達成感も感じることができると思うのでこれからも子どもたちの声を大切にしていこうと思います。

         
         
           
先生の想い, たんぽぽ組

たんぽぽ組の様子

年長さんにあこがれを持ち進級してきた、たんぽぽ組の子どもたち。「いつからお当番始まるの?」「楽器楽しみ!」「お泊まり会って年長さんだけだよね?」と早速期待がいっぱいです。
そんな子どもたちは、幼稚園に来ると年少さんを部屋まで送ったり、一緒に身支度や朝の会、給食なども行ったりと、すっかり優しく頼もしいお兄さんお姉さんです。
たんぽぽ組のみんなは頑張り屋さんな子も多く、新しく手にした縄跳びもシールをたくさんゲットしようと練習したり、早く鼓笛の曲を弾けるようになりたいと朝や給食の後にピアニカを練習をしたり、お友だちと誘い合って頑張っています。遊戯会に向けて遊戯の練習もクラス全員で力を合わせて取り組んでいます。「たくさん練習したら上手になるよね!」「もう1回頑張ろう!」と声を掛け合い積極的に参加する姿が見られます。最後のお遊戯だからお家の人にかっこいいところを見せたいと意気込んでいます。
また、絵本も大好きで絵本の前の手遊びは子どもたちから「洗濯ロボットがいい!」「今日はおべんとバスにしよう!」などたくさんのリクエストがあります。読み聞かせの中では一緒に参加したり、歌を歌ったり、考えたりしながら楽しんでいます。気に入ると自由遊びの時間にお友だちと読む子もいます。
自分の意見や考えを持ち発表をしたり、みんなで話し合いをする機会も増えてきています。これからも子どもたちの意見を取り入れながらたんぽぽ組の子どもたちと素敵な一年になるよう一緒に楽しんで過ごしていきます。

         
         
           
先生の想い, たんぽぽ組

たんぽぽ組の様子

2学期が始まり早くも2か月が終わろうとしています。運動会では自分たちで目標を決め本番に向けて練習に励んできました。組体操と鼓笛はみんなで力を合わせることや真剣に取り組むことを意識し、リレーではチームで作戦会議を何回も行い、どのチームも最後まで諦めずバトンをつなぐことを大切にしていました。運動会ごっこでの玉入れや綱引きではさすが年長!と言える程の力を年中さんや年少さんに見せることができていました。楽しみにしていたリレーは年中さんもチームに入れ一緒に楽しんでいました。運動会が終わった今もリレーへの熱は冷めず戸外ではお友だちと誘い合ってリレーをして遊ぶ姿が見られます。
 10月中旬にいも掘りを行いました。「こんなにおっきいおいも掘れたよ!」「こっち固いからちょっと手伝って!」とお友だちと協力して会話も楽しみながらたくさん収穫することができました。おいもハロウィンパーティに向けて準備も子どもたちと行っています。年長さんはおいも掘りにおいも洗い、おいものスライスもやります。当日に向けかぼちゃの壁面製作やランチョンマット作りなども楽しんでいます。
それと同時に進めているのが作品展に向けての製作です。平面製作ではパズルをテーマにロケットやイヌ、魚など形をうまく組み合わせ思い思いの形を作りました。全学年では中川縁日をテーマに立体製作も行います。たんぽぽ組はさかなつり!図鑑や絵本を見て作りたい魚を選んだり、体の大きさや構造についても友だち同士で会話をしながら作ることを今から楽しみにしています。子どもたちの創造力を膨らませながら作品が作れるよう一緒に楽しんで取り組んでいきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, たんぽぽ組

たんぽぽ組の様子

毎日元気いっぱいでにぎやかなたんぽぽ組のお友だち。バスから降りると年少のお友だちをお部屋まで手を繋いで送って行ってあげたり、朝の準備をお手伝いしたりする子がたくさんいます。クラスにも慣れ「○○ちゃん、今日一緒にあそぼう!」「今日は何して遊ぶ?」とお友だちを誘い合いながら鬼ごっこやサッカー、縄跳びなどで関わりを楽しんでいます。
また、年少さんに優しく声をかけて一緒に砂場遊びや虫探しをする子もいます。男の子は図鑑を部屋から持ち出し虫探し、女の子はお花摘みをし、シロツメクサで指輪を作る姿も見られます。
5月に入ると遊戯会に向けて旗と鼓笛の練習が始まりました。遊戯は難しい隊形に苦労しつつも、諦めずに何度も練習するたんぽぽ組さん。旗を使い始めるともっと練習したい!とアンコールが止まらず、毎日練習に励んでいます。そんなやる気は鼓笛でも変わらず、それぞれの楽器がしっかりと自分のパートを声に出し覚え、真剣に取り組んでいます。外に出て移動の練習が始まると、重い楽器を持ちながらもかっこいいところを見せたい!とやる気は高まります。当日に最高の演技、演奏ができるよう楽しんで練習を進めていこうと思います。
先日、サツマイモの苗植えとヒマワリの種まきを行いました。野菜やお花が元気に大きく育つように、ジョウロや看板、飾り作りも行いました。「ヒマワリの芽でたかな?」とプランターを気にする子、土の色を見て「喉渇いてるね、お水あげなきゃね」とジョウロを持ち出しお水を積極的にあげています。
これから野菜たちの成長を一緒に見守りつつ、子どもたちと毎日楽しく過ごしていきたいと思います。

         
1 / 11