中川幼稚園日記

Weblog

カテゴリー

アーカイブ

先生の想いカテゴリー記事の一覧です

         
           
先生の想い, ぶどう組

ぶどう組の様子

 初めての運動会が終わり、外遊びの時に友だちと、遊戯の踊りの先生役をして遊んだり、男女お互いに遊戯の踊りを自由に踊ったり、とても楽しかった様子のぶどう組の子どもたち。体で表現するだけではなく、自由画帳遊びでは、遊戯のキラキラポンポンを描いたり、みかん組やいちご組の友だちも描いて見せてくれます。遊戯会の時より、友だちと踊った事や、かけっこをした事が楽しかったのだ、と私も子どもたちの成長を嬉しく感じています。
 そんな楽しかった運動会が終わり、次は、初めての作品展に向け、作品作りに取り組んでいます。ぶどう組は、『チョコフルーツ屋さん』を開きます。チョコバナナ・イチゴチョコ・チョコパインの中から2つ作りたいものを選びました。チョコバナナ・イチゴチョコ・チョコパインの写真を見て、「お祭りの時にこれ食べた!」や「イチゴが好きだからイチゴチョコ作りたい」など、作る前からワクワクしていた子どもたち。また「ほかのクラスは何作るの?」と気になる子もおり、「いろんなお店があって、みんなでお祭りごっこをして遊ぶんだよ!」と話をすると、目をキラキラさせながら、「楽しみ!!」「お買い物できるの?」と早くも11月後半にある、『縁日ごっこ』を楽しみにしています。 そんな中、平面製作では、うさぎ・ねずみ・ねこの3つの動物から選び、折り紙をちぎり、ちぎり絵をしました。いつもは折り紙で、いろいろなものを折りますが、今回は折り紙をちぎったので、ちぎる音やちぎると面白い形になった折り紙を見て、友だちと笑い合っていました。目や口も付け、かわいい動物が出来ました。また、チョコフルーツ屋さんも楽しみながら作っていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, いちご組

いちご組の様子

 2学期が始まり約2ヶ月。先日、運動会が無事に終わりました。初めてのかけっこでは、「わたし1番になる!」と言い一生懸命走る姿が見られました。練習を重ねていくうちに、競争心も芽生えたようです。お遊戯は、前回の遊戯会の踊りより少し難しかったですが、すぐに踊りを覚えて、楽しく踊ることができていました。運動会後に、『運動会ごっこ』もしましたが、玉入れや綱引きなど様々な競技をして楽しんでいました。
 今は作品展に向けて作品作りをしています。絵の具を使って指スタンプをしたり、ボンドを使ってわたやモールを付けたり・・・。普段使わない絵の具やボンドの感触を楽しみながら製作をしています。数名ずつ作っていますが、待っている子は「早く作りたいよ!」とどの子も作ることをすごく楽しみにしています。家から持ってきた材料から自分で選び「ここにこれを使うよ」と一人ひとり個性豊かな作品を作っています。
 最近、いちご組では折り紙の交換も流行っています。お家で様々な折り紙を作ってきて「見てー!」とイルカやお花、ドレスなどいろいろな折り紙を見せてくれています。少し難しい折り方も折ることができるようになってきました。「今日は○○ちゃんに渡すんだよ」と嬉しそうにお話もしてくれています。
 2学期からはお当番さんも始まり、お当番の順番が回ってくることを楽しみにしている子もいます。お当番さんは、みんなの前でお名前を発表しますが、みんな大きな声で堂々と発表することができています。お手伝いが大好きで、机拭きやお給食配りなど積極的にお手伝いしています。2学期は行事がたくさんあるので、クラスのお友だちとたくさんの思い出を作っていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, うさぎ組

うさぎ組の様子

 年中になり、半年以上が経ちました。大好きなピアニカも「かえるのうた」「めりーさんのひつじ」が上手に弾けるようになり、自信いっぱいのうさぎ組さん。最近では、「ぶんぶんぶん」を練習し始め、「難しい」と苦戦することもありますが、一生懸命取り組んでいます。お家にピアニカを持ち帰った時には、是非聞いてみてあげてくださいね。
 戸外遊びでは、新しい遊具の『うんてい』で、「最後までできるようになりたい」「頑張るから見ててね」と何度も挑戦する姿が見られたり、運動会が終わってもかけっこが楽しかったようで、年長さんに交じって一緒に走って競争を楽しんだりする姿が見られます。
年長さんがお芋堀りしているところを見学しにいき、大きいお芋を触って「おっきい~」「ひげすごいね!」「年長になったらできるかな?」などと様々な声が聞こえてきました。ハロウィンパーティーでそのお芋を食べれることを伝えると、「楽しみ!」「やった!」と喜び、講堂に飾るコウモリの壁面を作ると、「見て!顔怖いでしょ!」と色んな表情をしたコウモリが出来て、みんないきいきとしていました。
 次は作品展があり、うさぎ組は『ハンバーガー屋さん』を作ります。作っているお友達を見ると、「おいしそう♪」と言ったり、「先生、僕も今日作れる?」と興味津々で尋ねる姿が見られます。「レタスとチーズとトマトとお肉挟みたい!」「あと何挟もう?」とどんなハンバーガーにしようか考えたり、粘土に色を付けると「楽しい♪」と嬉しそうな顔をしながら取り組んでいます。それぞれが思い描くハンバーガーやポテトが作れるように援助し、楽しい作品展になるようにしていきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, ぺんぎん組

ぺんぎん組の様子

ぺんぎん組での生活も早いことで半年が過ぎました。前回の「ぺんぎん組の様子」から、子どもたちの成長した姿もたくさん見ることが出来ました。そんなぺんぎん組さんが今、一番頑張っていることは、お給食です!1学期の個人懇談での保護者の方から一番多かった「だらだら食べ」の悩みや「好き嫌い」の悩みを受け、ぺんぎん組では、「ぴかぴか計画」を始めました!頑張ると決めた量を食べ切ったり、完食することが出来たらシールを貼るという活動です。初めは、シールを貼りたい!という気持ちで頑張っていた子どもたちが、今では「食べられるようになった!」と達成感を少しずつ感じ、自信に繋げています。お友達が苦手なお野菜を食べることが出来た日には、クラス全員で喜び、自らお友達に「すごいね!」「頑張ったね!」と言葉を掛ける姿もあります。初めに比べてかなり、食べられる量が増えた子どもたち。お家での様子はいかがでしょうか?会話のきっかけにしながら、シールを貼れた日には目一杯褒めてあげてくださいね!
 最近のぺんぎん組さんの遊びのブームは、「おみせやさんごっこ」と「おままごと」です。ブロックを上手く組み合わせてキャンディーやさんやドーナッツやさんが子どもたちによって出店されています。おままごとをしているお友達が、「ドーナッツひとつくださーい!」と買い物に出掛ける場面や、「キャンディーいかがですか?」とお店屋さんが出前にいく場面もあり、毎日和気藹々と遊んでいます。行事も盛りだくさんの2学期で、子どもたちが成長できるように引き続き援助していきたいと思います。

         
         
           
先生の想い, たんぽぽ組

たんぽぽ組の様子

2学期が始まり早くも2か月が終わろうとしています。運動会では自分たちで目標を決め本番に向けて練習に励んできました。組体操と鼓笛はみんなで力を合わせることや真剣に取り組むことを意識し、リレーではチームで作戦会議を何回も行い、どのチームも最後まで諦めずバトンをつなぐことを大切にしていました。運動会ごっこでの玉入れや綱引きではさすが年長!と言える程の力を年中さんや年少さんに見せることができていました。楽しみにしていたリレーは年中さんもチームに入れ一緒に楽しんでいました。運動会が終わった今もリレーへの熱は冷めず戸外ではお友だちと誘い合ってリレーをして遊ぶ姿が見られます。
 10月中旬にいも掘りを行いました。「こんなにおっきいおいも掘れたよ!」「こっち固いからちょっと手伝って!」とお友だちと協力して会話も楽しみながらたくさん収穫することができました。おいもハロウィンパーティに向けて準備も子どもたちと行っています。年長さんはおいも掘りにおいも洗い、おいものスライスもやります。当日に向けかぼちゃの壁面製作やランチョンマット作りなども楽しんでいます。
それと同時に進めているのが作品展に向けての製作です。平面製作ではパズルをテーマにロケットやイヌ、魚など形をうまく組み合わせ思い思いの形を作りました。全学年では中川縁日をテーマに立体製作も行います。たんぽぽ組はさかなつり!図鑑や絵本を見て作りたい魚を選んだり、体の大きさや構造についても友だち同士で会話をしながら作ることを今から楽しみにしています。子どもたちの創造力を膨らませながら作品が作れるよう一緒に楽しんで取り組んでいきたいと思います。